【ボートレース津の特徴と舟券の狙い方】


津

【回収率ランキングNo1】3連単がジャンジャン当たる

■内寄りが強く差しがよく決まる
発生出目買う数を見ると1234号艇ばかりで風の影響を大きく受ける外の56コースが勝つのは難しく1コースに至っては出目ベスト20のうち絡んでいないのは1パターンだけとインは舟券から外せない。

■春から夏は追い風が強くセンター差し狙い
春先から夏場にかけて追い風の日が多く他の競艇場と異なり1マークに波が溜まるためインの選手は大きくハンドルを切る必要が出て水の抵抗が大きくボートが暴れて流れてしまうケースが多い。そのためセンターから差す選手にチャンスが来る。

■冬場の向かい風の強い日はダッシュ狙い
冬場は2マークから1マークにかけて向かい風が強くふく。そのためスロー勢はスタートののりが悪くなりダッシュ勢優勢のパターンが増えてくる。ただし注意点は白波がたち安定板を装着した場合はダッシュ勢も伸びが悪くなりスロー優位に変わる。

■荒水面の時は荒波巧者から
荒水面の時は得意・苦手が分かれる。特に地元に加えて徳島・長崎の選手は地元で慣れているため得意な選手が多い。逆にプール水面が多い近畿地方は苦手な選手が多い。荒れた時は得意な選手に注目した舟券にすると効率的。


競艇予想回収率ランキング



トップへ戻る

Copyright (C) 2014-2019
的中連発のためのコツをつかんだ競艇予想
All Rights Reserved.