【ボートレース宮島の特徴と舟券の狙い方】


宮島

【回収率ランキングNo1】3連単がジャンジャン当たる

■潮位差でスタート勘難しく地元勢優位
宮島は水位差が大きくスタートまで遠くなるダッシュになるとさらにスタート勘が狂ってしまう。そのためスロー優勢の水面でさらに熟知した地元勢がスローに入ると先回りで先手を打ちやすい。

■スタート展示で遅れてる選手は外す
宮島のスタートは風向きが常に変わるので難しい。そのため展示で大きくフライングをしている選手や遅れている選手は本番でも修正出来ない。逆に0.1でピタッと決まっている選手は本番でもスタートを決めてくる。

■3コースマクリの時は2着は4、5コース
干潮時はセンター3コースからまっずくの所に1マークなるため3コースは直線で一番効率良いレーンになる。そのためマクリが決まる。そうなるとスロー勢は行き場がなくなり2着には4、5コースになる傾向が高い。

■女子選手の差しで高配当が出る
満潮時になると水面全体がうねる。格上選手がインに入って地元の女子選手がセンターから外に入った時は差しが決まるケースが出る。思い切って女子選手の頭を狙いたい。宮島は海水で走りやすいため女子選手が活躍できる水面になっている


競艇予想回収率ランキング



トップへ戻る

Copyright (C) 2014-2019
的中連発のためのコツをつかんだ競艇予想
All Rights Reserved.